セキセイインコと暮らしている飼い主様へ

インコ診療

セキセイインコは日本ではもっともポピュラーな小鳥でしょう。でも、飼育方法は以前とあまり進展がないようです。

私が子どもの頃、犬や猫は外で飼われ、人の食事や残飯などを与えられていました。それが、今では、屋内飼育が多くなり、ペットフードが主流です。そのため獣医療の発展も相まって、平均寿命はずいぶん長くなりました。

しかしながら、小鳥の飼育はというと、旧態依然としており、そのためか、寿命は変化していないのではないでしょうか?

まずは、食餌を総合栄養食といってもよいペレットに切り替えていくことが必要です。ヒエ、アワ、キビなどからなるミックスシードだけでは、栄養が偏っています。

・ビタミンA不足
・カルシウム不足
・蛋白質不足
・ヨウ素不足

少なくともこれらの問題を抱えており、それに伴う疾患が後を絶たない状況です。

ぜひ一度健康診断にお越しくださいね。

___________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのセキセイインコの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

小鳥の病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. イタグレ

    パピーのデンタルケアについて

  2. ウサギ

    ウサギの足底潰瘍について

  3. 外耳炎診療

    暑い季節に多くみられる外耳炎

  4. ネコ

    猫下部尿路疾患(FLUTD)について

  5. コウモリ診療

    フルーツコウモリの皮膚症

  6. ウサギ

    ウサギの肥満について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。