チンチラのFACT FILE

チンチラ診療

<温度>

18.3-21.1℃ 

<湿度>

30-40%

<照明>

時間/日

<飼育設備>

巣箱は必需品:塩ビパイプは消毒しやすい。段ボールは使い捨て。

<掃除頻度>

1週間に2回はまるごと掃除

<習性>

砂浴び:週に数回、1回に10~30分。

眼や呼吸器の異常を来しやすいので、ケージ内に入れっぱなしは避ける。

<食餌特性>

蛋白質が16-20%、脂質が2-5%、線維分が15-35%のペレット、牧草(チモシー、オーチャードグラス)。葉野菜などは1日大匙1、2杯まで。ドライフルーツや種子類は飲み込んだ時に食道につかえてしまうことがあるので、控える。

<摂餌量>

10-21g/日

<カロリー必要量>

57×{体重(kg)}0.75 kcal/日、

6~8時間毎に分割給餌

<水分必要量>

8-10mL/体重100g/日

<排尿量>

3.3-4.2mL/体重100g/日

<寿命>

ほかの齧歯類に比べて長寿

8-20年

<成雄体重>

400-600g

<成雌体重>

雄より少し大きい

400-800g

<繁殖開始;雄>

7-9カ月齢

<繁殖開始;雌>

4-5カ月齢

<妊娠期間>

105-120日

<産子数>

1-6頭

<離乳>

3-8週齢

<体温>

37.0-38.0℃

<心拍数>

100-150回/分

<呼吸数>

45-80回/分

________________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのチンチラの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

チンチラの病気のことは、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. ハムスター

    ハムスターの理想の環境とは

  2. ウサギ

    ウサギ、モルモット、チンチラの歯科疾患受講

  3. ハムスター診療

    ハムスターのFACT FILE

  4. モルモット

    ウサギやチンチラ、モルモットの赤い尿は血尿ではないこともある…

  5. ウサギ

    ウサギの足底潰瘍について

  6. チンチラ

    チンチラの皮膚糸状菌症について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。