ハムスターの眼科疾患について

ハムスター

ハムスターは目が比較的跳び出しています。その関係でか、眼の症状が多いです。

ハムスターの目が開かない

脱水していることが最多です。目やにで瞼がくっついてきます。

ハムスターの目の周りが濡れている

角膜に傷があったり、結膜に炎症があったり、目やその奥に異常があったりします。

上が初日、下が点眼7日目です。

点眼していただきますが、目薬のひと雫は、彼らの目より大きいです。それでまた目の周りが濡れます。点眼後はティッシュなどで優しく水けを取ってあげるといいですね。

原因はさまざまだと思いますが、特定できません。

まずは、床材の撤去を最低限の対策としていただいております。

ハムスターの目が跳び出した

強く持ったりすると、目が収まっている浅いくぼみから、目が跳び出して、戻らなくなってしまうことがあります。

救急外来で処置しています。

ハムスターの瞼にできもの

油っぽい涙を作るマイボーム腺という所に分泌物や膿が溜まります。手術で小さな穴を開けて絞り出すことが多いです。

症状を繰り返すことが多いです。

ハムスターの飼い方

※現在、初診ハムスターの受付は中止しております。申し訳ございません。

________________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのハムスターの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

ハムスターの目の病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院は、アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. デグー診療

    デグーの食道閉塞

  2. 砂漠犬

    大切な家族を守るために__OAへの理解と予防

  3. 診察犬

    犬の咳に注意!原因と対処法を救急診療経験が豊富な獣医師が解説…

  4. ハムスター診療

    ハムスターの不正咬合

  5. ハムスター診療

    ハムスターのFACT FILE

  6. ウサギ

    ウサギのRGIS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。