フェイスケアについて ~ワンちゃん~

診察台の犬

白内障と核硬化症:正しい診断のために動物病院で

白内障になると眼が白く見えるようになります。白内障は原因などにより分類されているのですが、老齢性白内障は7歳ころから認められることが多いですね。ただし、ちょうどその頃から同じように水晶体が白く濁ってくる核硬化症という、病気ではなく、老化現象も始まるので、これを白内障だといって
ご来院されるかたもいらっしゃいます。この区別は動物病院で診察を受けるべきでしょう。


また、白内障でも、若くして始まるものも、傷が原因だったり、糖尿病が原因で起き たりするものもありますので、必ずしも高齢に限った病気ではありません。

獣医師からのお願い:眼の健康を保つためのしつけと観察


まず獣医師からお願いしたいのは、小さいうちから、眼の周りを触っても嫌がらないように、しっかりしつけをしておいてほしいということにつきます。 検査を嫌がったりすれば、診断できません。点眼を嫌がれば、治る病気も治らないということになります。そのうえで、眼の輝き、白目の充血、眼をショボショボしていないか、眼やになどについて、 お顔をみるたびに、観察してあげましょう。

出目金の子の眼のケア:注意すべきポイント


眼が大きくて出目金の子は、どんなことに気をつければいいでしょうか?
眼の周りに毛が多 い場合は、それが眼に入って、傷つけることもありますので、定期的にカットに出したり、まとめて結わいたりというケアが必要でしょう。意外とまばたきすること自体にも苦労があるようなので、ときどき眼を閉じた状態で、軽くマッサージをしてあげると いいでしょう。涙には水っぽい成分と油っぽい成分があります。 水と油の関係で 、油の成分が水の上に油 膜を張 ることで、水分が 蒸発しにくくしているようです。マッサージすることで、この油の成分の分泌を促すことが期待されます。ただし、眼を強く圧迫すると、神経を介して心臓にも影響を与えてしまう恐れがありますので、 注意してくださいね。

涙焼けケアについて:飼い主さんの大切な役割


また、出目金タイプは、涙が多く出て、涙焼けに苦労している飼い主さんも多いはず?しょっちゅう涙をティッシュで拭いているけど・・・でもお陰で涙焼け知らずで、綺麗なお顔ね~と褒められますという飼い主さまもいらっしますね。とてもいいことだと思います。すばらしい 飼い主さんですよね。シーズーやトイプードルなど涙焼けの多い種類で、目の周りがきれいなのはひとえに飼い主さまのケアの賜物です!いろいろな成分の入いった専用のコットンも市販されていますね。あまり気合を入れてゴシゴシやらないほうがいいみたいです。病的な場合は、目頭にある、涙を回収するところ、涙点というんですが、それを移動させるような手術もあります。でも、その前に涙が多く出る原因を調べることになります。

タレ耳のワンちゃん:正しいイヤーケアのポイントについて

タレ耳のワンちゃんは、イヤークリーニングを怠ると病気になることが多いです。もっとも多く見られるのが、マラセチアという酵母菌の仲間が増殖して起こる、外耳炎ではないでしょうか。真っ赤になって、異様な臭いが立ち込めるようになります。ひどくなれば、耳の皮膚が石畳みたいになって、それがどんどん厚みを増していきます。でも最近気になるのは、熱心な飼い主さまにかぎって、とことんきれいにしようと、綿棒でゴシゴシやって、それがきっかけで、バイキンが入って炎症を起こすなんていうこともあります。

健康な耳のクリーニングは動物病院で処方される洗浄液を入れて、耳の根本を軽くくちゅくちゅやって、頭を振らせて、出てきた汚れを拭きとる。これがイチバンだと思います。ただし、炎症がある場合には、鼓膜が破れていることもありますので、まず動物病院で診察を受けてからです。イヤークリーニングも耳を触れない場合には、できませんから、これも飼い主さまの日頃のしつけが大切ということになります。


アトピーの症状が唯一耳に出ることもあります。アトピーは全身の問題ですので、全身のススキンケアキンケアという視点も、イヤーケアには必要ですね。

_______________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのワンちゃんの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

犬のフェイスケアのことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院は、アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. 犬診療

    犬の心臓病について

  2. 短頭種犬

    新しい薬F11で、狂犬病を治す方法を研究中!

  3. ネコ夜間救急診療

    猫における健康管理

  4. カメ診療

    アカミミガメの保護

  5. ハムスター

    ハムスターの理想の環境とは

  6. 子猫診療

    子猫の保護

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。