フェレットに多い病気について

フェレット診療

フェレットの背中です。

副腎疾患になると、このようにうす毛になっていきます。

手術で副腎を摘出し、幸い良性との診断で、術後2カ月で毛が生え揃いました。

この病気はとても多いので、フェレットの飼い主さまには熟知していただきたいです。

毛は抜けてしまってとても可哀想にみえますが、悪性のものでなければ、すぐに亡くなってしまうわけではありません。

ただし、雌個体では貧血、雄個体では尿が出なくなると、命にかかわります。

_________________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのフェレットの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

フェレットの病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市の動物病院

アロハオハナ動物病院 

関連記事

  1. 短頭種犬

    新しい薬F11で、狂犬病を治す方法を研究中!

  2. 犬と獣医師

    命の盾としての狂犬病予防接種:飼い主の責任と犬の安全確保

  3. リラックス犬

    狂犬病について

  4. デンタルケア

    犬の歯磨きを深夜早朝に行なってはいけない理由を獣医救急臨床現…

  5. ヨーキー診療

    手足の不調の場合

  6. ビーバー

    ビーバーの狂犬病

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。