フェレットのFACT FILE

フェレット診療

<温度>

15-25℃ 

32℃以上では熱中症の危険

<湿度>

45-55%

<照明>

12-16時間/日

<食餌特性>

蛋白34-35%、脂質18-30%。ミネラル7%以下、線維分は4%以下にする。

<摂餌量>

43g/kg/日

<カロリー必要量>

200-300kcal/kg

<飲水量>

75-100mL/日

<寿命>

5-11年

<成雄体重>

0.8-3.0kg

<成雌体重>

0.7-1.2kg

<妊娠期間>

42日

<産子数>

1-18頭

<離乳>

6-8週齢

<体温>

37.7-40.0℃

<心拍数>

200-255回/分

<呼吸数>

33-36回/分

<尿量>

26-28mL/kg

_____________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのフェレットの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

フェレットの病気のことは、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院 

関連記事

  1. 犬の手

    パウケアについて

  2. 診察犬

    犬の咳に注意!原因と対処法を救急診療経験が豊富な獣医師が解説…

  3. ハリネズミ診療

    ヨツユビハリネズミの皮膚病

  4. 犬と獣医師

    命の盾としての狂犬病予防接種:飼い主の責任と犬の安全確保

  5. ダックスフンド

    犬における下痢について

  6. ネコ

    愛猫のための慢性腎臓病進行予防と治療ガイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。