フトアゴヒゲトカゲの脱水について

フトアゴヒゲトカゲ


フトアゴヒゲトカゲ(Pogona属)は、一般的にペットとして人気のある爬虫類です。彼らは通常、オーストラリアの乾燥した環境に生息していますが、適切な飼育環境を整えないと脱水症状を引き起こすことがあります。脱水症状は、彼らの健康に深刻な影響を与えるため、早期発見と適切な治療が重要です。本記事では、脱水の症状、原因、そして治療方法について詳しく説明します。

脱水の症状

フトアゴヒゲトカゲが脱水を示す際には、以下のような症状が現れることがあります:

  1. 皮膚の弾力性の低下: 皮膚をつまんだ際に、通常であればすぐに元に戻りますが、脱水状態では元に戻るのに時間がかかります。しかし、これは爬虫類では分かりにくいです。
  2. 眼の陥没: 脱水により、眼がくぼんで見えることがあります。同時にネバネバの目やにで目が開かなくなることも多いです。
  3. 口腔内の粘稠性増加:口の中のネバネバが強くなります。歯周病で出血して血液を含むヨダレが付着していることもよくあります。
  4. 食欲不振: 脱水症状のフトアゴヒゲトカゲは食欲を失うことがよくあります。
  5. 体重減少: 脱水が続くと体重が減少します。
  6. 活動量の低下: 通常活発であるのに、動きが鈍くなる、または無気力になることがあります。
  7. 糞便の変化: 脱水状態では、糞便が乾燥し、硬くなることがあります。

脱水症状の原因

フトアゴヒゲトカゲの脱水症状にはさまざまな原因が考えられます:

  1. 不適切な飼育環境: 飼育ケージ内の異常な高温環境は脱水を引き起こしやすくなります。
  2. 水の摂取不足: フトアゴヒゲトカゲは水皿から水を飲む習慣が少ないため、特に幼体や病気の個体は水分補給が不十分になることがあります。
  3. 不適切な食事: 水分の少ない食餌や乾燥した餌ばかり与えると、水分不足に陥る可能性があります。
  4. 病気: 消化管内異物などの一部の病気や寄生虫感染も脱水を引き起こすことがあります。特に消化器系の問題がある場合、脱水症状が現れやすいです。
  5. ストレス: 飼育環境の変化や頻繁なハンドリングがストレスとなり、結果として食欲不振や水分摂取不足に繋がることがあります。

脱水症状の診断

脱水症状の診断は、獣医師によって慎重に行なわれます。診断には以下のような方法が用いられます:

  1. 視診: 眼の陥没やヨダレ、皮膚の弾力性の低下など、外見的な症状を確認します。
  2. 触診: 皮膚をつまんで弾力性を確認します。消化管に床材が滞っていることもあるので、お腹を慎重に触っていきます。
  3. 体重測定: 体重の変動をチェックし、急激な体重減少がないか確認します。飼い主さまによる日頃からの体重記録が重要です。
  4. 血液検査: 血液検査により、血液中の電解質バランスや腎機能を評価します。脱水が酷いと血液循環が悪く採血することさえできないことがよくあります。
  5. 糞便検査: 糞便検査により、寄生虫や消化器系の異常を確認します。しかし、これは、健康診断としてすでに確認済みの状態でいていただきたいと思っています。
  6. X線検査:床材を飲み込んでしまい、これが原因で食欲不振から脱水を起こしていることがあるので、お腹のX線検査を実施します。

脱水症状の治療方法

フトアゴヒゲトカゲの脱水症状の治療は、症状の重症度に応じて異なります。当院での一般的な治療方法を以下に示します:

  1. 経口補水: 軽度の脱水症状の場合、ご自宅での経口補水が効果的です。注射器などで水を口元に与え、自ら飲むことを促します。
  2. 強制補水: 自発的に水を飲まない場合、スポイドやシリンジを使用して口の中に水を流し込む方法です。電解質溶液を用いることで、より効果的に水分を補給します。
  3. 温浴:お尻の穴から、ある程度水分を吸収してくれることを期待して、温浴することがあります。ただし、弱っているときには溺れてしまうことがあるので、慎重に行ないましょう。
  4. 腹腔内輸液: 中程度から重度の脱水症状の場合、注射による輸液が必要です。獣医師が腹腔内に電解質溶液を注射し、水分を補給します。これは迅速に水分を補給する方法として非常に有効です。
  5. 点滴: 非常に重度の脱水症状の場合、点滴による骨髄内補液が行なわれます。これにより、即座に水分と電解質を体内に補給します。しかし、骨からの感染リスクと疼痛がありますので、リスク/ベネフィットを勘案して実施します。
  6. 食事の改善: 水分を多く含む新鮮な野菜や果物を提供し、食餌からも水分を摂取できるようにします。食欲があるうちは、うまくいくかもしれません。
  7. 環境の調整: 飼育ケージの湿度と温度を適切に管理し、彼らが快適に過ごせる環境を整えます。適度な湿度を保つために、水皿やミストスプレーを利用することも有効です。

予防策

脱水症状を予防するためには、以下の点に注意することが重要です:

  1. 適切な飼育環境の維持: 飼育ケージ内の温度と湿度を適切に管理し、定期的にチェックします。
    フトアゴヒゲトカゲの理想の環境とは
  2. 十分な水分の提供: 常に新鮮な水を提供し、フトアゴヒゲトカゲが水を飲むよう促します。また、メニューに水分を多く含む餌を取り入れることも重要です。
  3. 定期的な健康チェック: フトアゴヒゲトカゲの健康状態を定期的にチェックし、異常があれば早期に対応します。体重測定と、体の下側からの観察は必ず行なってください。
  4. ストレスの軽減: 飼育環境を安定させ、不要なハンドリングやストレス要因を減らします。
  5. 定期的な診察: 定期的に獣医師による健康診断を受け、早期に健康状態の異常を発見します。

結論

フトアゴヒゲトカゲの脱水症状は、適切な環境管理と早期の対応によって予防および治療が可能です。裏を返せば、時期を逸してしまうと救命できないことがあるということです。飼い主さまとして、彼らの健康状態を常に観察し、異常があれば迅速に対応することが重要です。適切な知識とケアによって、健康で長寿を全うすることができます。脱水症状の兆候を見逃さず、早期に対応することで、彼らの健康を守りましょう。

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのフトアゴヒゲトカゲの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

フトアゴヒゲトカゲのお医者さんといえば、かもがわ公園小動物クリニック

当院へのご連絡はこちらからが便利です

愛知県豊田動物病院なら、アロハオハナ動物病院かもがわ公園小動物クリニック

関連記事

  1. ヒョウモントカゲモドキ

    ヒョウモントカゲモドキの致命的となりうる脱水は生活習慣病かも…

  2. カエル

    飼育カエルで見られる一般的な問題と対策について

  3. リクガメ

    リクガメが動かない

  4. ヘビ診療

    爬虫類の寒さ対策

  5. カメレオン診療

    爬虫類の受診について

  6. カメレオン

    カメレオンの目が閉じるとき

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。