動物病院で見られるヘビの一般的な皮膚トラブルとその原因・治療法

ヘビ
こんにちは、アロハオハナ動物病院かもがわ公園小動物クリニックの院長です。

ヘビの飼育は興味深く、かつやりがいのある趣味ですが、適切な飼育環境を整えなければ、皮膚の健康に深刻な問題を引き起こすことがあります。動物病院でよく見られるヘビの皮膚トラブルの原因とその治療方法についてご紹介します。

1. 火傷

原因

パネルヒーターや保温ランプは、爬虫類の飼育環境において重要な温度調整装置ですが、不適切な使用によりヘビは火傷を負うことがあります。特に、それらが直接接触するような配置の場合やケージが狭くてヘビが避難する箇所がない場合には、体表面温度が過剰に上昇し、皮膚の損傷を引き起こします。

症状

火傷の症状としては、皮膚の赤み、潰瘍、皮膚の壊死などが見られます。重度の場合、深刻な感染症を伴うこともあります。

治療方法

火傷の治療には、まず患部を清潔に保つことが重要です。感染を防ぐために消毒剤や抗生物質の使用が推奨されます。また、火傷の程度に応じて、皮膚の再生を促すための特定の軟膏を使用することもあります。さらに、保温装置の配置や使用方法を見直し、再発を防ぐための適切な温度管理が必要です。環境温度を適切に維持するためには、園芸用温室が効果的です。

2. 脱皮不全

原因

脱皮不全は、ヘビが適切に脱皮できない状態を指します。主な原因は、湿度不足や皮を引っ掛けるところがないなどの環境の問題や栄養不良、病気などです。

症状

ヘビの皮膚が完全に脱皮できず、部分的に残ることがあります。また、目の周りや体の一部に古い皮が残ると、視覚や動きに支障をきたすことがあります。

治療方法

湿度を適切に管理することが重要です。湿度が足りない場合、ケージ内に湿度を保持するための湿った隠れ場所を提供します。また、温かい水で蛇を軽く浸すことも効果的です。栄養バランスを見直し、必要なビタミンやミネラルを補給することも重要です。

3.ソアノーズ

ソアノーズと呼ばれる鼻先の傷は、主な原因は飼育環境に関連しています。多くの場合、ヘビがケージの壁や蓋に繰り返し鼻を押し付けることで傷ができます。これは、ストレスや不適切な環境によるものです。

原因

ケージサイズが小さいと、ヘビが動くスペースが不足し、ストレスを感じるます。また、地上棲種ではシェルターがないと、樹上棲種では枝がないとゆっくり休めません。環境温度や湿度が適切でないとヘビは不快感を感じ、逃げ出そうとして、絶えず鼻先をケージの壁に擦り付けてしまいます。

症状

鼻の先端が赤くなることがあります。小さな傷やかさぶたが見られることもあります。悪化すると、皮膚が腫れたり、傷口から膿が出たり、異臭がすることもあります。

治療方法

早期発見が重要です。鼻先に異常が見られたら、すぐに環境を見直し、必要に応じて獣医師に相談してください。感染症の治療には、まず感染部位を清潔に保つことが基本です。

4. 皮膚感染症

原因

細菌や真菌による皮膚感染症は、ヘビの飼育環境が不潔な場合に発生しやすくなります。特に、湿度が高く温かい環境は細菌や真菌の繁殖を助長します。

症状

皮膚の赤み、腫れ、膿の排出、異臭などが見られます。進行すると、皮膚が壊死し、全身に広がることもあります。

治療方法

感染症の治療には、まず感染部位を清潔に保つことが基本です。動物病院では抗生物質や抗真菌薬の投与が行なわれます。飼育環境の清潔を保ち、感染の再発を防ぐために定期的なケージの掃除と消毒が必要です。

5. 皮膚腫瘍

原因

皮膚腫瘍の原因は様々で、遺伝的要因や環境要因が考えられます。特に、紫外線や有害物質への長期的な曝露が腫瘍の発生リスクを高めるようです。

症状

皮膚にしこりや隆起が見られることがあります。腫瘍が悪性の場合、急速に拡大し、他の臓器にも転移することがあります。

治療方法

腫瘍の治療は外科的切除が主な方法です。悪性の場合、さらに進行を抑えるための化学療法や放射線療法が行なわれることもありますが、実際には困難です。早期発見と早期治療が重要ですので、定期的な健康チェックが推奨されます。

6. 寄生虫による皮膚問題

原因

ダニなどの外部寄生虫は、他のペットや野生動物からの感染が主な原因です。清潔な飼育環境を保っていない場合、寄生虫が繁殖しやすくなります。

症状

寄生虫による皮膚問題は、かゆみや炎症、皮膚の損傷を引き起こします。また、二次感染のリスクも高まります。

治療方法

寄生虫駆除剤を使用して寄生虫を除去することが第一歩です。治療後も、飼育環境の徹底的な清掃と消毒が必要です。また、定期的な健康チェックと予防対策が重要です。

7. 番外編

ガムテープが付いてしまったので剥がそうとしたら皮膚が剥けてしまったという個体です。気を付けましょう。

まとめ

ヘビの皮膚トラブルは、適切な飼育環境と日常的な健康管理によって予防することが可能です。保温器具の適切な使用、湿度や温度の管理、定期的な健康チェックと清潔な飼育環境の維持が、ヘビの健康を守るために重要です。
爬虫類は新陳代謝が遅いので、悪化しているのか改善傾向なのかという進行具合の判断が難しいです。皮膚外傷は数回以上の脱皮をしながら少しずつしか改善していきません。その間はずっと苦しめてしまいます。飼育者としての責任を果たし、ヘビにとって安全で快適な環境を提供することで、長く健康に過ごさせることができます。

定期的な獣医師の診察を受け、疑わしい症状が見られた場合には早めに対処することが大切です。ヘビの健康を守るために、日々のケアを怠らずに行ないましょう。


愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの爬虫類の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

爬虫類の診察は、かもがわ公園小動物クリニックへ

愛知県豊田市東山町の動物病院はアロハオハナ動物病院

関連記事

  1. カエル

    カエルの薬液浸漬について

  2. ヒョウモントカゲモドキ

    「目をつむっている=眠っている」は、大間違い!~ヒョウモント…

  3. ゾウガメ

    「重症な爬虫類の患者」の修了証を頂きました

  4. リクガメ

    リクガメが動かない

  5. ヒョウモントカゲモドキ

    トカゲ獣医師のお勧めのヒョウモントカゲモドキの理想の環境はこ…

  6. カメ

    爬虫類の検便手順について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。