エタノールが新型コロナ不活化に効果;その対策を解説

コロナウイルス

新型コロナウイルスはヒトの皮膚表面で約9時間生存可能であり、一方でインフルエンザウイルスよりも長い生存期間を持つことが示されました。この研究では、エタノール消毒薬を使用して皮膚上のウイルスを不活化する実験も行われました。その結果、皮膚上のSARS-CoV-2やインフルエンザウイルスは、15秒間のエタノール暴露で完全に不活化されることが確認されました。これにより、手指衛生において15秒間のエタノール消毒が感染リスクを効果的に低減する手段となる可能性が示唆されました。なお、15秒の消毒では完全ではないという研究もあります。

関連記事

  1. ベタ

    排尿時間は約21秒

  2. アシカ

    脾臓の秘蔵のお話

  3. 診察猫

    サッカーが好きでも、ヘディングは・・・

  4. 老後

    オズウイルス感染死亡例の報告

  5. ウンピョウ

    睡眠不足と自動車事故

  6. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。