検便、検便、検便!!!

トカゲ

爬虫類の検便についてのとても大切なお話をさせていただきます。

画面を横切ったのは繊毛虫、いたるところで動く微細なのが鞭毛虫。

これらの寄生虫は、消化を助けてくれると考えていますので、一定数を越えなければ駆除しません。

茶色いバナナ形をしたものは、蟯虫の卵です。

                  

蟯虫の成虫は上の写真のほんの小さな白い虫ですが、数が増えると問題になると考えています。

この写真の寄生虫はすでに飼育開始から半年経過した個体から出てきました。体調が悪くなってからの受診でした。ほんとに多いんです。この体調が悪くなってからの受診が。

爬虫類の病気で、検査ができて、治療方法もあるものって、少ないんです。 その中の消化管内寄生虫感染症なんです。それなのに、その寄生虫で命を奪われるのって、見ていてほんとかわいそうなんです。何とかしてあげたいんです。

爬虫類は飼育開始したら、早めに健康診断にお越しください。

健康に見えていても、こういう寄生虫がいることが多いです。

これがやがて、飼育環境の不備により、徐々に増えていってしまいます。

寄生虫の駆除剤を飲ませていただきますが、元気で食欲があるうちは、食餌に混ぜてしまえば、食べてくれます。しかし、具合が悪くなってからでは食欲がなく、お薬を与えるのに苦労し、本人も飼い主さまにもストレスとなります。

何はなくとも、検便、検便、検便!

たかが寄生虫と侮っていると、慢性化してしまい、そうなると寄生虫は駆除できても、病気は治らないということになってしまします。

一見健康に見えるうちにぜひ健診にお越しください。

これはとても大事なことですので、ぜひ覚えておいてくださいね。

_____________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの爬虫類の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

爬虫類の健康診断ならかもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. 横顔猫

    猫ちゃんの寄生虫対策はこれ!

  2. ヘビ診療

    爬虫類の寒さ対策

  3. カエル

    飼育下繁殖させたカエルがもたらす被害:責任ある飼育を呼びかけ…

  4. 横臥犬

    ペットのてんかん発作時の行動ガイドについて

  5. ヒョウモントカゲモドキ

    ヒョウモントカゲモドキの致命的となりうる脱水は生活習慣病かも…

  6. 手術風景

    高度最先端獣医療には

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。