楽しく生きていく

ゴリラ人

重大かつネガティブなライフイベントはストレスだけでなく、脳の老化も加速させる可能性があることが明らかになりました。

ある研究では、家族や友人の死、離婚、経済的問題などの経験が脳の老化を早めることが示されました。

この研究では、生活習慣や社会経済的状況も考慮され、脳年齢の推定が行われました。

結果として、重大かつネガティブなライフイベントを経験するごとに、脳の老化が4カ月早まるということが分かりました。

この研究は因果関係を証明するものではありませんが、ストレスがテロメアの短縮を加速させ、炎症を引き起こす可能性が指摘されています。テロメアは染色体を保護する役割を果たし、加齢に伴い短くなるもの。

また、個人の回復力(レジリエンス)を強化することで、ストレスに前向きに対処できる可能性があり、治療的介入のヒントとなるとされています。


関連記事

  1. コロナ対策

    COVID-19で症状が出る人・出ない人

  2. アメリカにおける飲食店アクセスと肥満関連がん死亡率の関連性に…

  3. デザート

    ちょっと意外な結果…

  4. コロナウイルス

    犬による新型コロナウイルス感染検出の有用性が明らかに

  5. 細胞検査

    がん家系って聞きますよね

  6. カエル

    アルツハイマー病患者における精神神経症状と脳の非対称性の関連…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。