犬の心臓病について

犬診療

心臓の中は上下左右に仕切られています。左側の上下を仕切る弁を僧帽弁といいます。弁とはこの場合、上の左心房から下の左心室に血液が流れ、その逆流が起きないようにするストッパーの役目をしている膜のようなものです。つまり左心室から左心房に血液が逆流しないように、閉じてくれるわけです。この僧帽弁が何らかの原因でうまく閉じなくなると、本来左心室から全身へ流れ出ていくはずの血液が、左心房に逆戻りしてしまいます。これは、結果的に、肺から左心房に流れ込む血液も流れ込みにくくしてしまいます。全身に流れて行かなければならない血液が戻ってしまうと、左心房は容量オーバーになってしまい、徐々に膨らんでしまいます。さらに肺からは血液が心臓に流れにくいために、肺に血がたまっていきます。血がたまることをうっ血と呼びます。このようにして、僧帽弁閉鎖不全症がうっ血性心不全という状況を作り出していきます。

この病気は小型犬にとても多く、ちょっと中型のキャバリアキングチャールズスパニエルにはとくに多く発生します。

当院では日常診療のなかで、こまめに聴診を行なっています。心臓病では、心雑音が聴こえてくることが多いので、症状が出る前に早期発見することができます。

この心臓病は、猫にはほとんどみられません。

これらの仕組みを動画でうまく説明してくれているサイトがありますので、ぜひご覧ください。飼い主様からよくご質問のある咳の症状も音付きで紹介されています。

犬の慢性心不全について

動画で解説しました

│住友ファーマアニマルヘルス株式会社 (dog-heart.info)

犬の慢性心不全

__________________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの小型犬の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

犬の心臓病のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市の動物病院

アロハオハナ動物病院 

関連記事

  1. トカゲ診療

    低カルシウムにご用心

  2. カエル

    カエルの薬液浸漬について

  3. ひょう

    ネコちゃんの便秘

  4. レプトスピラ感染症

    感染症は忘れたころにやってくる

  5. 救急診療

    てんかん発作に概日リズムが関係あり?

  6. オポッサム診療

    オポッサムのFACT FILE

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。