ちょっと意外な結果…

デザート

名大の予防医学の研究グループは、日本の8万1,333人を対象にして、炭水化物と脂質の摂取量と死亡リスクの関連性を調査しました。

男性では炭水化物摂取量が少ないと死亡リスクが高まり、女性では炭水化物摂取量が多いと死亡リスクが上昇する傾向があったとのこと。

脂質摂取量が高い女性では全死亡リスクとがん死亡リスクが低下する傾向も示唆されました。

この研究は、炭水化物と脂質のバランスが日本人成人の健康に影響を与える可能性があることを示唆しています。

関連記事

  1. 塩中毒

    塩分摂りすぎ

  2. 細菌培養

    “耐性菌対策:抗生物質の適正使用と感染症予防の重…

  3. コロナウイルス

    エタノールが新型コロナ不活化に効果;その対策を解説

  4. 短頭種犬

    新しい薬F11で、狂犬病を治す方法を研究中!

  5. コロナウイルス

    ワクチン接種時間帯の効果:午前中接種がブレークスルー感染を低…

  6. 細胞検査

    がん家系って聞きますよね

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。