アルツハイマー病患者における精神神経症状と脳の非対称性の関連性

カエル

東京慈恵会医科大学の研究では、脳の非対称性がアルツハイマー病患者の精神神経症状に影響する可能性が示唆されました。この研究では、日本での121人の軽度のアルツハイマー病患者のMRIデータを収集し、脳の非対称性を、左脳と右脳の灰白質体積を比較することで評価したとのこと。

攻撃的な精神神経症状は、前頭葉の非対称性と有意な相関があり、右側の萎縮が見られたということでした。

認知症患者の精神神経症状は、介護者の負担につながり、患者の予後を悪化させることが分かっているそうです。介護者の負担は切実な問題です。

癌のつぎは、認知症について早急な解決を願うところです。

関連記事

  1. アロマ

    エッセンシャルオイルの香りが高齢者の記憶向上に有望

  2. ネコ抱っこ

    犬との生活が抑うつリスク低下、猫との生活は増加の可能性

  3. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

  4. アシカ

    脾臓の秘蔵のお話

  5. アメリカにおける飲食店アクセスと肥満関連がん死亡率の関連性に…

  6. コロナウイルス

    COVID-19ワクチン、同側接種が免疫応答向上

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。