ガスコンロ使用と健康:ベンゼン濃度上昇と子供の喘息リスクに関する新たな研究

焼肉

ガスコンロの使用によって空気中のベンゼン濃度が上昇するらしい。

ベンゼンは健康被害をもたらす可能性のある化学物質です。研究は米国で「強火」で設定した実験。ベンゼンは家中に広がり、コンロの使用後数時間にわたって健康に悪影響を及ぼす可能性あり。

換気扇を使用しても、ベンゼンへの曝露を減らす効果はほとんどなかったって。

別の研究では、ガスコンロのある家庭の子どもは、ガスコンロがない家庭の子どもと比べて、喘息のリスクが42%高いとのこと。

さらに別の報告では米国の小児喘息の約13%はガスコンロに起因しているらしい。

鳥類と爬虫類は、哺乳類に比べて、いろいろな化学物質に弱いらしいので、キッチンに隣接した飼育環境は予想外に、悪影響があるかもしれません。

関連記事

  1. ウンピョウ

    睡眠不足と自動車事故

  2. バシリスク

    日本抗加齢医学会が熊本城ホールで開催されます

  3. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

  4. ゾウガメ

    殿様枕症候群について

  5. ゴリラ人

    楽しく生きていく

  6. 動物看護師

    人の慢性腎臓病における集学的治療の有効性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。