グリーンイグアナの発情期

イグアナ診療

グリーンイグアナは、北半球では、年末年始あたりが発情期になるようです。

実際、当院でも、産卵に関係する症状が疑われるイグアナさんたちが冬にもありました。

症状としては、食欲低下がほとんどで、ほかの病気と変わらないので、一発診断できることはあまりありませんが、経過観察が重要です。

しかも、この時期は気温の低下も相まって、何が根本原因か分かりにくいです。

自然に回復することもありますが、手術の必要性に迫られることもあります。

体調がすぐれないときには、保温を十分にしながら、受診を検討してください。

________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのグリーンイグアナの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

グリーンイグアナの病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. フトアゴヒゲトカゲ

    フトアゴヒゲトカゲの皮膚病について

  2. カメ診療

    スッポンモドキのSCUD

  3. フトアゴヒゲトカゲ

    フトアゴヒゲトカゲの脱水について

  4. ヘビ

    ヘビの腹部膨満について:原因と対処法

  5. ヒョウモントカゲモドキ

    トカゲ病院から目についてのお話

  6. リクガメ

    カメ獣医師からの提言:リクガメの飼育について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。