シマリス不正咬合

シマリス

シマリスの不正咬合についてのお話。

シマリスさんもご多分に漏れず、不正咬合を起こすことがあります。

全身麻酔をかけて、歯を切りました。歯の先が、硬口蓋に当たり、穴が開いていました。

ここから感染が拡大して、口が腫れたり、眼が飛び出したりします。

___________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのシマリスの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

シマリスの病気のことならかもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. デンタルケア

    犬の歯磨きを深夜早朝に行なってはいけない理由を獣医救急臨床現…

  2. チンチラ診療

    チンチラの不正咬合、根尖膿瘍

  3. チンチラ

    チンチラ獣医師が話すチンチラのむかつきについて

  4. レプトスピラ感染症

    感染症は忘れたころにやってくる

  5. ウサギ

    ウサギの肥満について

  6. ヨーキー診療

    手足の不調の場合

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。