ハムスターの寄生虫

ハムスター

ハムスターの寄生虫についてのお話。

受診の多いケースは蟯虫と条虫です。

蟯虫とは、ハムスターの腸内に寄生するイトミミズのような寄生虫。

検便するとこのような卵が見えます。

感染したハムスターは下痢、体重減少、食欲不振などの症状を示すことがあります。感染したハムスターの糞便に含まれる卵や幼虫を通じて広がります。

飼い主さまは、ケージを掃除する際やハムスターを触る前後に手をしっかり洗うことが重要です。

お尻周りに卵や幼虫が付いているかも。抱っこしたり、お部屋を散歩させたりしたら、そこは汚染されたと考えてください。

条虫もハムスターの腸内に寄生し、吸収された栄養を奪い、貧血や体力低下を引き起こすことがあります。ハムスターが「条虫に感染した虫」を摂食したり、糞を食べることによって広がります。

条虫が寄生しているハムスターの糞にはこのような特徴的な卵が出てきます。

この卵を含んだ糞を虫が食べると、その虫の中に条虫の幼虫が寄生します。ハムスターがこの虫を食べると感染します。外から侵入した虫がハムスターの糞を食べないようにしましょう。

この虫については、東京慈恵会医科大学熱帯医学講座の「小形条虫と昆虫中間宿主(甲虫)における相互作用の解明」をお読みください。

屋外からの無視の侵入を防ぐこと、そして、糞はこまめに処分することです。

これらの寄生虫による感染は、ハムスターの健康にだけでなく、飼い主さまの健康にも影響を及ぼす可能性があります。感染したハムスターから寄生虫が人に感染することは稀ですが、特に免疫力の低い方々、例えば乳幼児、高齢者、糖尿病・腫瘍・臓器移植患者にはリスクはより高いでしょう。

ハムスターとの触れ合いやケージ掃除の際は、手洗いを徹底し、感染の予防に努めましょう。

以上の点を留意して、ハムスターの定期的な健康チェックと適切なケアを実施することで、蟯虫や条虫のリスクを最小限に抑え、ハムスターと飼い主さまの健康を守ることができます。

※現在は、新規のハムスターの受診は中止しております。

______________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのハムちゃんの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

ハムスターの寄生虫のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院は、アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. ひょう

    ネコちゃんの便秘

  2. ウサギ

    ウサギの強制給餌について

  3. フトアゴヒゲトカゲ

    フトアゴヒゲトカゲの理想の環境とは

  4. ラット

    ハムスターなどの齧歯類(ネズミ類)の検便

  5. ヨーキー診療

    手足の不調の場合

  6. 犬診療

    ワンちゃんの健康管理

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。