パピーのデンタルケアについて

イタグレ


ちょうどお家に迎えたころ、パピーは数カ月齢が多いです。この時期、乳歯が生えています。これが人同様、徐々に永久歯に抜け替わっていきます。乳歯が抜けて、すき間が空いたり、穴が開いて出血したりしているのを発見することもあるでしょう。しかし、乳歯が抜けずその横に永久歯が生えてくることがあります。これを乳歯遺残といいます。

この状態のままいつまでも乳歯が抜けないと、歯並びが悪くなります。その結果歯石が溜まりやすく、永久歯にも悪影響を及ぼします。 とくに成長期は 定期的に歯科検診を受け、乳歯遺残の状態であれば、全身麻酔をかけて抜いてあげましょう。

また、パピーはケージや椅子の脚などの硬い家具などを噛むことがあります。そのような癖がつくと乳歯が欠けて、そこから細菌感染し、最悪、次に生えてくる永久歯にも悪影響が出てしまいます。各種噛む玩具が市販されていますので、それらを必ず与えてあげましょう。

蹄などの固いものは歯が欠けてしまうこともあるので、使わないほうが無難です。

パピーの歯磨きについて、個人的な意見ですが、できれば「指」は使わない方がいいと思います。それは、指を口に入れることで、ひとの指を噛む行動が身に付く可能性があるのではないかと考えているからです。しかも、子犬の乳歯は尖っていて、咬まれると結構痛いですよ。

初めから小さめの歯ブラシを使うことをお勧めします。それを口に当て、徐々に歯の外側、つまり頬の裏側、そして、口の中へと進めていくとよいでしょう。

パピーを迎えて新しい環境に慣れてきたらできるだけ早めに始めましょう。幼いうちから始めれば、歯ブラシに味がついていなくても、嫌がらない子が多いのではないでしょうか。

初めはお互い慣れずたいへんです。当院でも歯磨きジェルを扱っていますので、一緒にお使いいただけると効果的です。

たくさんのデンタルケア製品がございます。こちらからも、あなたのパピーにピッタリな製品を探してみてください。

個人的なイチ押しは、デンタルロープ!

噛むことで唾液が出て汚れを洗い、歯をこすって汚れを落としてくれます。サイズに注意しないと、飲み込んでしまいますよ!

指に巻く歯磨きガーゼなどは要注意です。このガーゼを飲み込んでしまい、救急受診される事案が後を絶ちません!

「乳歯はどうせ抜け替わるんだし、永久歯が生えてきてからでいいや」と考えていると、歯磨きのタイミングを逸してしまうと思います。何が何だか分からない幼いうちに取り組み始めたほうが、その後の苦労が少ないと思います。

______________________

パピーのデンタルケアのことならかもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院アロハオハナ動物病院


関連記事

  1. モルモット診療

    モルモットのFACT FILE

  2. ウエスティ

    犬のかゆみについて

  3. ハリネズミ

    ハリネズミのダニについて

  4. マダニ

    マダニは年中います

  5. コウモリ診療

    フルーツコウモリの皮膚症

  6. 犬麻痺

    犬の認知機能不全について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。