フィラリア予防:猫の健康を守るための重要なステップについて

猫なで声

こんにちは、アロハオハナ動物病院かもがわ公園小動物クリニックの院長です。

心臓も、呼吸も、守りたい。 フィラリアから、愛猫を守る

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、フィラリア症は犬だけではなく猫にも感染する可能性があります。この病気について正しい知識を得て、予防に努めることが重要です。

フィラリア症は、蚊が感染した犬や猫の血液を吸血することで広がります。犬では心臓に寄生し、深刻な症状を引き起こしますが、猫では呼吸器症状が主に現れます。咳や呼吸困難、食欲不振などが見られ、時に突然死の原因ともなり得ます。

感染した猫の診断は難しく、生前に確定的な診断が難しいこともあります。そのため、予防が非常に重要です。犬同様、猫にも有効な予防薬があり、月に1回の投与で確実に防ぐことができます。これは首に垂らすお薬として提供され、手軽に使用できます。

診断が難しいため、当院でも呼吸困難の急患で原因不明で亡くなってしまった子の中にはフィラリア症が原因であった可能性も考えられます。

猫の10頭に1頭がフィラリアに感染していたという報告があります。室内飼育でも感染するケースがあり、実際にマンションの高層階に住んでいる猫ちゃんだからといって安心できません。

フィラリア予防について(動画もあるよ(=^・^=))by Zoetis

海岸の猫と少女
海岸猫

フィラリア症から守るためには、この地域では5月から12月までの期間に月に1回の予防が重要です。フィラリア予防薬の使用は、猫の健康を守るための責任あるペットオーナーの一環と言えるでしょう。

まずは相談しながら、どんな予防薬を使用していくか検討してみましょう。猫ちゃんの健康は家族の一員として、最高のケアが求められています。しっかりと予防して、愛猫ちゃんとの幸せな生活を守りましょう。

キャットフレンドリーな動物病院は、アロハオハナ動物病院かもがわ公園小動物クリニック

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのネコちゃんの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

関連記事

  1. 猫における健康管理

  2. 子猫聴診

    猫ちゃんがワンちゃんのように喘いでいたら救急です!

  3. 動物看護師

    人の慢性腎臓病における集学的治療の有効性

  4. ネコ

    猫の糖尿病について

  5. モルモット

    猫の熱中症予防対策

  6. ネコ

    愛猫のための慢性腎臓病進行予防と治療ガイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。