フクロモモンガの下痢

フクロモモンガ診療

フクロモモンガの成体では、下痢は全体数からすると割合は少ない方です。

幼体では比較的下痢は多いです。

その成体でも下痢をすると、上の写真のように自咬症につながります。腸も齧ってしまいます。早めに下痢の治療を始めましょう。

ちなみにこれが正常便です。

食べ物にもよりますが、

これよりも緩いようなら、

ご相談ください。

_____________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのフクロモモンガの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

フクロモモンガの下痢のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. ハムスター診療

    ハムスターの不正咬合

  2. ネコ

    猫下部尿路疾患(FLUTD)について

  3. コウモリ診療

    フルーツコウモリの皮膚症

  4. ひな救護

    野鳥の保護

  5. インコ診療

    セキセイインコと暮らしている飼い主様へ

  6. 泳ぐ犬

    犬のサマーケアについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。