ボードゲームの楽しみが子供の数学的スキル向上に貢献

ボードゲーム

家族でのボードゲームの楽しみが、子供の数学的スキル向上に寄与する可能性が、チリの研究で示されました。19件の調査を分析し、ボードゲームを週2回、20分ずつプレイする介入が1カ月半続けられました。ボードゲームの種類は具体的には言及されていませんが、その結果、子供の数学的スキルが約52%の課題で向上したことが確認されました。ボードゲームは教育的なカスタマイズが可能であり、今後は他の認知能力や発達にも焦点を当てるべきだと述べられています。

興味を持たれた方は、こちらもどうぞ。

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20230726/med/00m/070/002000d

関連記事

  1. バシリスク

    日本抗加齢医学会が熊本城ホールで開催されます

  2. さかな

    独り暮らしのうつ病リスクとペット飼育:新たな研究の示唆

  3. コロナ対策

    COVID-19で症状が出る人・出ない人

  4. ゴリラ人

    楽しく生きていく

  5. 細菌培養

    “耐性菌対策:抗生物質の適正使用と感染症予防の重…

  6. アメリカにおける飲食店アクセスと肥満関連がん死亡率の関連性に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。