週3日の断食法は糖尿病リスクを低減し、実施しやすいアプローチ

断食

糖尿病リスクのある人々において、摂食時間を午前中に限定する断食方法(intermittent fasting plus early time-restricted eating;iTRE)が、摂取エネルギーを30%減らす通常のカロリー制限(calorie restriction;CR)よりも糖代謝の改善において優れた効果を示す可能性があるとのこと。iTRE群は週に3日、午前8〜12時の間のみ摂食が許可され、他の4日は制限なしで摂食が可能でした。

週3日。これくらいならできるかも?

関連記事

  1. 診察猫

    サッカーが好きでも、ヘディングは・・・

  2. お祈り

    認知症の鑑別

  3. 細胞検査

    がん家系って聞きますよね

  4. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

  5. 細菌培養

    “耐性菌対策:抗生物質の適正使用と感染症予防の重…

  6. コロナウイルス

    COVID-19ワクチン、同側接種が免疫応答向上

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。