週3日の断食法は糖尿病リスクを低減し、実施しやすいアプローチ

断食

糖尿病リスクのある人々において、摂食時間を午前中に限定する断食方法(intermittent fasting plus early time-restricted eating;iTRE)が、摂取エネルギーを30%減らす通常のカロリー制限(calorie restriction;CR)よりも糖代謝の改善において優れた効果を示す可能性があるとのこと。iTRE群は週に3日、午前8〜12時の間のみ摂食が許可され、他の4日は制限なしで摂食が可能でした。

週3日。これくらいならできるかも?

関連記事

  1. 肉栄養

    BBQしたい!でも...

  2. カエル

    アルツハイマー病患者における精神神経症状と脳の非対称性の関連…

  3. 検査

    肝臓の健康診断

  4. アロマ

    エッセンシャルオイルの香りが高齢者の記憶向上に有望

  5. コロナウイルス

    COVID-19ワクチン、同側接種が免疫応答向上

  6. 診療統計

    関節サプリで有名なコンドロイチンが...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。