回虫幼虫移行症

ネコ

回虫幼虫移行症についてのお話です。

まずは、「何それ?」ということですよね。

犬猫には回虫というミミズに似た寄生虫がいることがあります。

東京都獣医師会のサイトを見てください。

犬猫の回虫は人の体内では成虫になれません。幼虫のまま過ごしながら、人体を移動します。これを幼虫移行症といいます。本来の寄生部位である腸管内なら比較的容易に駆除できますが、それ以外のところに寄生していると、駆除が困難です。人では、肝臓、肺、眼での報告があります。手術になることもあります。

ですから、感染しない対策が必要です。

感染源は、知る人ぞ知る、「公園の砂場」!

も、あるんですが、それよりも多いのが、犬猫との接触!

被毛1gに最大300個の卵があったという報告もあり。

回虫は産卵数が多いことで知られており、なんと1日20万個というデータも。

特にうんちが出る肛門周囲には多いです。抱っこすると、手だけではなく、衣服にも付着するかもしれません。

回虫の卵は顕微鏡でしか見えないほどの大きさです。いくらウエットテッシュで拭いても、完全にきれいにはできません。薬による駆除を継続することは基本です。

おうちでは、とにもかくにも、トイレをこまめに掃除すること。

そして、ブラッシングや抜け毛処理を衛生的に。

この2つだと思います。

他には地鶏のレバ刺し。気を付けましょう!

こちらの環境省のサイトの52ページもご覧ください。

___________________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの犬猫の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

犬猫の寄生虫のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町のn動物病院は、アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. 犬診療

    ワンちゃんの後ろ足が覚束なくなったら

  2. 短頭種犬

    新しい薬F11で、狂犬病を治す方法を研究中!

  3. 犬診療

    眼が白くなってきた

  4. 犬と獣医師

    命の盾としての狂犬病予防接種:飼い主の責任と犬の安全確保

  5. 疑問相談受けつけ

    ワンちゃん猫ちゃんを飼う前に

  6. フトアゴヒゲトカゲ診療

    フトアゴヒゲトカゲの軟便

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。