関節サプリで有名なコンドロイチンが...

診療統計

ひとでは子供の脳の発達や、高齢者の脳機能の維持に、五感を刺激するような「豊かな環境」が大事であるといわれてきました。このことに、コンドロイチン硫酸がキーとなっているとの研究結果が出ました。成体海馬神経新生と呼ばれる現象があるようですが、この部分だけは、神経細胞が新しく誕生できるとのこと。海馬って記憶、情動を司っている脳の場所。脳細胞は大人になるとどんどん減っていくばかり、ということを聞いたことがありますか?最近は、そうでもないということですが、逆に、脳細胞が増えるって!?

「豊かな環境」では、この部分にコンドロイチンが増え、それが新しい神経細胞を生み出す役割を担っているらしいのです。

だからといって、経口摂取した関節用サプリが、記憶障害、ひいては認知機能障害に対して、「効く」かどうかはまだ分かりません。

ただ、高齢動物では、関節に障害をもっていることが多いので、より積極的に使用してもいいのかもしれませんね。

これからの研究の進展が楽しみです。

関連記事

  1. バシリスク

    日本抗加齢医学会が熊本城ホールで開催されます

  2. カメを診療する獣医師

    セカンドオピニオン

  3. 猫と飲水

    クランベリーサプリメント製品の尿路感染症予防効果に関する研究…

  4. ウンピョウ

    睡眠不足と自動車事故

  5. ネコ抱っこ

    犬との生活が抑うつリスク低下、猫との生活は増加の可能性

  6. 犬麻痺

    犬の認知機能不全について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。