COVID-19で症状が出る人・出ない人

コロナ対策

COVID-19:症状の有無に遺伝子の影響

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)で症状が出ない人は、HLA(ヒト白血球抗原)-B遺伝子のある特定のタイプを保有している可能性が高く、感染しても症状が現れない可能性が保有していない人の2倍以上であることが明らかになりました。

HLAは、免疫系において異物や病原体を検出し、それに対する免疫反応を誘導する役割を果たします。他のコロナウイルスに対する免疫応答を既に持っている可能性があると仮説を立てました。これにより、新型コロナウイルス感染後に症状が現れる前にウイルスを排除できる可能性が高まると考えられました。

「体質」で片づけられていたものも遺伝子まで調べるといろいろ分かりますね。

関連記事

  1. コロナウイルス

    COVID-19ワクチン、同側接種が免疫応答向上

  2. 焼肉

    ガスコンロ使用と健康:ベンゼン濃度上昇と子供の喘息リスクに関…

  3. 診察猫

    サッカーが好きでも、ヘディングは・・・

  4. アシカ

    脾臓の秘蔵のお話

  5. コロナウイルス

    犬による新型コロナウイルス感染検出の有用性が明らかに

  6. アメリカにおける飲食店アクセスと肥満関連がん死亡率の関連性に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。