COVID-19ワクチン、同側接種が免疫応答向上

コロナウイルス

同じ腕に2回目のワクチン接種が有利

新型コロナウイルス感染症ワクチンの2回接種を受けた際に、2回目の接種を同じ腕に行なうか反対の腕に行なうかが免疫学的にどのような影響を与えるの研究。同側でも対側でも強力な免疫応答が誘導されることが示唆されましたが、2回目の接種で初回と同じリンパ節による排出を可能にする同側接種の場合、より高い免疫が得られるようです。以前から言われている、同側接種を支持する結果が出たということです。

関連記事

  1. 老後

    オズウイルス感染死亡例の報告

  2. 細菌培養

    “耐性菌対策:抗生物質の適正使用と感染症予防の重…

  3. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

  4. 検査

    肝臓の健康診断

  5. アシカ

    脾臓の秘蔵のお話

  6. ハムスター

    SARS-CoV-2のハムスターからのヒト-ヒト感染

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。