アメリカにおける飲食店アクセスと肥満関連がん死亡率の関連性に関する研究

米国の飲食店へのアクセスと肥満関連のがん死亡率との関係を調査した研究がありました。

発想がすごいですね。

飲食店アクセスとがん死亡:米国の驚くべき研究

結論では、この研究は米国の地域で飲食店のアクセスが肥満関連のがん死亡率に影響を与える可能性があることを示唆しています。肥満関連のがん死亡率が高い地域では、特にFood Swamp(多くのファストフード店があり、生鮮食品が不足している地域)に住む人々に対して健康リスクが高まることが示されました。

関連記事

  1. ネコ抱っこ

    犬との生活が抑うつリスク低下、猫との生活は増加の可能性

  2. カエル

    アルツハイマー病患者における精神神経症状と脳の非対称性の関連…

  3. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

  4. カエル

    飼育下繁殖させたカエルがもたらす被害:責任ある飼育を呼びかけ…

  5. ボードゲーム

    ボードゲームの楽しみが子供の数学的スキル向上に貢献

  6. コロナ対策

    COVID-19で症状が出る人・出ない人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。