モルモットの足底が腫れているとき

モルモット

モルモットの足裏に腫れが生じて、それがただれた状態を足底潰瘍といいます。飼い主さまが注意を払っていかなければならない重要な健康問題の一つです。これはモルモットが長時間不適切な床材や環境で過ごすことが原因で発生しやすくなります。以下に、モルモットの足底潰瘍についての詳細な解説をお伝えします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モルモットの足底潰瘍について

1. 発生の原因

モルモットの足底潰瘍は、主に以下の原因によって引き起こされます。

1.1 不適切な床材

モルモットが硬くて粗い床材や冷たい床で過ごすことがあると、足裏の皮膚が擦れて損傷しやすくなります。

1.2 汚れた床やケージ

汚れた環境は菌や微生物の繁殖を促進し、感染症を引き起こす可能性があります。これが足裏潰瘍のリスクを高めます。モルモットは排泄量が多い動物ですので、こまめに掃除をしてあげましょう。

1.3 運動不足

モルモットが適切な運動を得られないと、筋肉の発達が不十分になり、足裏の皮膚が十分な強さを持たなくなります。

1.4 体重過剰

モルモットが体重オーバーになると、足底にも負重がかかりすぎ、血行が悪くなってしまいます。主におやつの与え過ぎやペレット給餌量が多すぎることが原因だと思います。

こちらの海外のサイトもご覧になってください。翻訳機能を使っていただければ読みやすいと思います。

2. 症状

足底潰瘍の初期症状には次のようなものがあります。

2.1 赤みやはれ

足底の皮膚が赤くなり、腫れている場合があります。

2.2 歩行の変化

モルモットが足裏に痛みを感じていると、歩行が不安定になることがあります。

2.3 潰瘍の形成

悪化すると、足底に潰瘍ができ、化膿することがあります。

3. 予防方法

3.1 適切な床材の使用

柔らかくて温かい床材を提供することで、足裏への刺激を軽減できます。木のチップやペレットが適しているといわれていますが、これなら大丈夫という、ベストな素材はないようです。

3.2 定期的なこまめな清掃

ケージや床材を清潔に保ち、細菌などの微生物の繁殖を防ぐことが重要です。

3.3 適切な運動

十分なスペースで運動できるようにし、モルモットの健康を維持するために定期的な運動を促進します。ケージから出して、一定時間サークルで過ごしてもらうといいと思います。

3.4 適切な栄養

バランスの取れた栄養を提供し、モルモットの皮膚や筋肉の健康をサポートします。とくにコラーゲンと関連が深いビタミンCは、モルモットは体内で合成することができません。しっかり、食餌として補給していきましょう。

カロリーの高いおやつは、食餌として与えるのではなく、飼い主さまとコミュニケーションをとるツールとして考えていただくといいと思います。

4. 日常の注意点

4.1 定期的な健康チェック

モルモットの足裏を定期的に確認し、異常があれば早期に獣医師に相談することが大切です。

4.2 快適な環境の提供

モルモットが快適な環境でストレスなく過ごせるように心掛けましょう。

モルモットの足底潰瘍は早期発見と適切なケアが重要です。予防策を実施し、定期的な健康チェックを行なうことで、モルモットが健康で快適な生活を送ることができます。

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのモルモットの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

モルモットの病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

当院へのご連絡はこちらからが便利です

関連記事

  1. チンチラ

    チンチラ獣医師が話すチンチラのむかつきについて

  2. ウサギ

    ウサギの足底潰瘍について

  3. ハムスター

    ハムスターの眼科疾患について

  4. マウス診療

    マウスのFACT FILE

  5. リス

    シマリスの不正咬合

  6. ウサギ

    ウサギのRGIS

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。