ワンちゃんの後ろ足が覚束なくなったら

犬診療

犬の椎間板ヘルニアについてのお話です。

とくに後ろ足が覚束なくなったら、立てなくなってしまっていたら、できるだけ早くお知らせください。

もし椎間板ヘルニアだとしたら、下半身麻痺になってしまう恐れがあります。できるだけ早く手術を受けていただいた方が、歩けるようになる確率が増えます。

最近は、再生医療という選択肢も増えました。こちらの製薬会社サイトもご覧ください。

再生医療をご存知ですか?

__________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの老犬の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

犬の椎間板ヘルニアのことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. カエル

    カエルの薬液浸漬について

  2. ひな救護

    野鳥の保護

  3. カメ

    爬虫類の検便手順について

  4. パグ診療

    夜鳴き

  5. リス

    シマリスの不正咬合

  6. 救急診療

    てんかん発作に概日リズムが関係あり?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。