大切な家族を守るために__OAへの理解と予防

砂漠犬

小型犬の骨関節炎についてのお話です。

愛犬との絆を深める中で、骨関節炎(OA)についての正しい知識を持つことは、飼い主様としての責任ともいえます。

愛情あふれるケアを提供するために、以下に骨関節炎の啓蒙と予防に関する重要な情報をお伝えいたします。

OAとは、関節の炎症や変形を特徴とする疾患であり、小型犬にも多く見られます。

1歳以上のワンちゃんの20%が発症しているという統計があります。

年齢とともに関節の負担や老化が進むことで、痛みや運動制限を引き起こす可能性があります。

適切な予防策を講じることで、OAの発症を遅らせ、症状を軽減させられます。

まず第一に、バランスの取れた高品質のフードが重要です。オメガ3脂肪酸、とくにEPAは、関節炎のコントロールに重要です。食餌を変更後なんと最短で3週間で効果が実感できたという報告があります。

適度な運動も重要です。運動は、筋力を維持し、関節の柔軟性を促進します。

ただし、過度の運動は逆効果となることがあるため、注意しましょう。

さらに、体重管理がOA予防に欠かせません。過剰な体重は関節に負担をかけ、症状を悪化させます。OA犬の4割が肥満という結果が出ています。

愛しい小型犬の幸せな日々を守るために、骨関節炎に対する正しい知識を持ち、予防に努めましょう。

早期発見・早期対策が大切です。

愛犬との絆を深めながら、健康で快適な生活を共に送るために、飼い主様としての役割を果たしましょう。

ご家族とワンちゃんが共に、笑顔あふれる日々を過ごすために、OA予防に積極的に取り組んでいきましょう。

愛情と知識をもって、愛犬の幸福を守ることができるのです。

こちら↓もご参照ください。

動画もあります!

犬の骨関節炎

_________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの小型犬の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

小型犬の骨関節炎のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院、アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. ダックスフンド

    犬における下痢について

  2. 犬の手

    パウケアについて

  3. フトアゴヒゲトカゲ診療

    フトアゴヒゲトカゲの軟便

  4. 大雨

    雷恐怖症について

  5. 診察台の犬

    フェイスケアについて ~ワンちゃん~

  6. デンタルケア

    犬の歯磨きを深夜早朝に行なってはいけない理由を獣医救急臨床現…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。