小鳥の受診前の重要な注意事項とケージの使用について

とり診察

当院にお越しになる前にたくさんの問診をさせていただいております。

ケージについてもたくさんの情報を頂きます。

受診時には、普段の飼育ケージではなく、小さな簡易ケージに入れてお越しください。

このようなキャリーがいいと思います。

これに被せ物をして暗くしたり、夜風に当たらないようにしましょう。

近県からお越しの方は、水や食餌は必要ありません。

それらが、床にこぼれると、排泄物の詳細が分からなくなってしまいます。

_____________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの小鳥の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

小鳥の病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院は、アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. マダニ

    家族を守るためのマダニ対策とノミ予防の重要性

  2. ネコ夜間救急診療

    猫における健康管理

  3. 歯磨き猫

    犬猫の歯周病ケアについて

  4. 猫診療

    具合が悪そうな場合

  5. カメ

    爬虫類の検便手順について

  6. モルモット診療

    入院治療可能です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。