ワクチン接種時間帯の効果:午前中接種がブレークスルー感染を低減

コロナウイルス

“COVID-19ワクチン接種時間と感染予防効果の関連性”

イスラエルでの調査によれば、COVID-19ワクチン接種の効果は、接種時間によって差が出る可能性があることが示された。150万以上の方を対象に、ワクチン接種時間と感染予防効果の関係を分析したところ、午前中の接種がブレークスルー感染を最も低く抑え、夕方に接種した場合に最も高くなる傾向があり、年齢や性別などを調整しても有意な差異が見られたとのこと。

特に若年層と中高年層において、日中接種の効果が顕著であった。

また、2回目のブースター接種のタイミングも感染リスクに影響を及ぼすことが明らかになった。

午前中にワクチン接種がいいみたいですね。

当院でもワンちゃんネコちゃんのワクチンは午前中に接種することをお勧めしています。これは副作用が出た時のことを考慮しての対策ですが、意外な一面もあるかもしれませんね。

関連記事

  1. カエル

    アルツハイマー病患者における精神神経症状と脳の非対称性の関連…

  2. コロナウイルス

    多種多様な動物種への抗体検査法の開発

  3. バシリスク

    日本抗加齢医学会が熊本城ホールで開催されます

  4. ウンピョウ

    睡眠不足と自動車事故

  5. ゾウガメ

    殿様枕症候群について

  6. 診察猫

    サッカーが好きでも、ヘディングは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。