多種多様な動物種への抗体検査法の開発

コロナウイルス

新型コロナウイルスの感染状況を迅速に確認

米イリノイ大学の研究チームが、新型コロナウイルスに対するあらゆる動物種で使用可能な抗体検査法を開発に成功。この方法は、Nタンパク質を標的にし、異なる動物間で保存性が高いため効果的。感染動物の血清サンプルから感染の有無を確認。感度97.8%、特異度98.9%を示し、最速7日で感染を確認可能。この方法は、野生動物や家畜での感染状況の調査や将来の疾患予防に役立つ可能性があると述べられている。獣医学領域でも応用が進めば、コロナウイルスの進化の過程も分かるかもしれません。

関連記事

  1. 断食

    週3日の断食法は糖尿病リスクを低減し、実施しやすいアプローチ…

  2. ネコ抱っこ

    犬との生活が抑うつリスク低下、猫との生活は増加の可能性

  3. ゾウガメ

    殿様枕症候群について

  4. ベタ

    排尿時間は約21秒

  5. シェフ

    太ったシェフのイラストが食欲喚起に成功

  6. 猫

    新型コロナ、ネコからヒトへの感染

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。