海水浴にはご注意を

砂中毒

お子様のいらっしゃるご家庭では、夏休みの計画に海水浴って、ありますよね。私も海は大好きで、子供のころはよく、知多半島の内海の海水浴場まで連れて行ってもらってました。

楽しかった~!

泳ぐよりも磯で魚取りがメインでした!

運転者にしてみれば、渋滞が大変だったろうなぁ~と、大人になった今、思う。

ところで、ワンちゃんを海水浴場に連れていかれる時には、公衆衛生上のマナーを守ってくださいね。
少しでもマナーの悪い飼い主様がいると、また、犬嫌いの人を増やしてしまいますからね。

実は、ワンちゃん自身にとっても危険がいっぱいあります。

まずは、海水を飲んでしまうこと。塩水を飲むと、脱水を起こして、最悪は、脳障害、腎不全に陥ることがあります。

それと、砂を飲み込むこと。ボールなどに付いた砂を遊んでいるうちに、たくさん飲み込んでしまうということがあります。これが消化管に詰まってしまうということもあるんです。

さらにさらに、誤飲の危険性。死んだ魚やウニの死骸などなど、中毒や閉塞を起こす危険が潜んでいます。

ビーチでおとなしくしていられるなら別ですが、私は海へワンちゃんを連れて行くのは、お勧めできません。

面白みに欠けますが、安全なドッグランが一番でしょう。

_________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの小型犬の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

海水浴後の体調不良は、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. 熱中症対策

    猫ちゃんも熱中症?

  2. 野犬

    ワンちゃんのお散歩で嫌われないで!

  3. デンタルケア

    犬の歯磨きを深夜早朝に行なってはいけない理由を獣医救急臨床現…

  4. ブドウ中毒

    ブドウ中毒

  5. 子猫聴診

    猫ちゃんがワンちゃんのように喘いでいたら救急です!

  6. 犬マナーしつけ

    犬嫌いの方を減らす努力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。