犬と猫の採血法

血液

普段は自分で採血しているので、写真を撮ることができません。他院で撮影させていただいたものを使わせていただきました。

動物から血液を採取することを、採血と呼んでいます。

首(頚部)、

前足(前肢)、

後ろ足(後肢)から採血します。

個体の許容度、採血のしやすさ、必要量から部位を決めます。

人でも大変かもしれませんが、動物ではもっと大変な気がします。採血できる体制などに保持することを、保定と言いますが、これが動物看護師の最も重要な手技だと思います。

数限られた検査の代表選手です。

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの犬猫の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

関連記事

  1. 妊婦感染症

    寄生虫 トキソプラズマ

  2. 大雨

    雷恐怖症について

  3. ダックスフンド

    犬における下痢について

  4. コウモリ診療

    フルーツコウモリの皮膚症

  5. 寄生虫

    犬の消化管内寄生虫症について

  6. 砂漠犬

    大切な家族を守るために__OAへの理解と予防

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。