猫の心臓病について

ネコ怪我

小型犬では僧帽弁閉鎖不全症という心臓病が多いですが、猫では心筋症という心臓病が多いです。心臓は筋肉でできていますが、これが分厚くなったり、薄っぺらになったりする病気で、根本的な治療法はありません。人では心臓移植をしています。

特別な症状もなく、ある日突然に発症してくることが多いです。口を開けて呼吸したり、下半身が動かなくなったりして、ご来院されるケースが多いです。5%ほどで突然死が見られるようで、当院救急救命でも、到着時には息を引き取っていることの多い病気です。

定期的な健診で異常が見つかるかもしれませんので、身体検査をお勧めしています。

____________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのねこちゃんの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

猫の心臓病のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市の動物病院

アロハオハナ動物病院 

関連記事

  1. 花火恐怖症

    花火恐怖症

  2. 水泳犬事故

    犬の熱中症について

  3. 子猫診療

    子猫の保護

  4. 子猫聴診

    猫ちゃんがワンちゃんのように喘いでいたら救急です!

  5. 給水器事故

    給水器にご注意を

  6. マムシ看板

    マムシ咬傷の対処法と予防策について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。