“耐性菌対策:抗生物質の適正使用と感染症予防の重要性”

細菌培養

新型コロナウイルス治療におけるICU入室期間の延長と耐性菌の課題

新型コロナウイルス感染により集中治療室で治療を受ける患者のICU入室期間が長い理由の1つとして、サイトカインストームによる多臓器不全が挙げられている。しかし、呼吸不全を特徴とする臨床状態に起因していたことが研究で示され、また、二次的な細菌感染による人工呼吸器関連肺炎(VAP)の発生率が高く、VAPが主な死亡の原因となっていることが示唆された。どんな細菌が検出されたかは分かりませんが、おそらく耐性菌がいたんでしょう。動物病院でもたくさんの抗生物質を使いますが、耐性菌を生み出さないような頭の使い方が必要です。

 

関連記事

  1. コロナウイルス

    エタノールが新型コロナ不活化に効果;その対策を解説

  2. コロナウイルス

    犬による新型コロナウイルス感染検出の有用性が明らかに

  3. コロナウイルス

    COVID-19ワクチン、同側接種が免疫応答向上

  4. 動物看護師

    人の慢性腎臓病における集学的治療の有効性

  5. 塩中毒

    塩分摂りすぎ

  6. コロナ対策

    COVID-19で症状が出る人・出ない人

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。