認知症の鑑別

お祈り

アルツハイマー病(AD)とレビー小体型認知症(DLB)の早期鑑別診断は重要ですが、困難とされています。

高齢者123名(AD群:47名、LBD群:27名、CN群:49名)を対象にし、デジタルタブレットとペンを使用して描写データを収集した研究をご紹介します。描写速度、筆圧、一時停止などの観点から描写機能を評価しました。

主な結果として、特にLBD群において描写速度と筆圧のスムーズさが低下していることが観察されました。AD群とLBD群の両方で、一時停止時間と合計持続時間が増加していることも分かりました。

これらの機能の違いを用いた機械学習モデルによる鑑別の評価では、AD群vs.CN群で0.80の比率、LBD群vs.CN群で0.88の比率、AD群vs.LBD群で0.77の比率が得られました。

この研究結果から、描写機能の違いを利用することでADとDLBの鑑別が可能であることが示唆されました。

この手法は、将来的に早期の診断や適切な治療・管理のために役立つかもしれません。

Journal of Alzheimer’s Disease誌オンライン版2022年9月20日号の報告から、抜粋して作成しました。

関連記事

  1. 肉栄養

    BBQしたい!でも...

  2. コロナウイルス

    エタノールが新型コロナ不活化に効果;その対策を解説

  3. 緑地

    国内の緑地と自殺リスクの関連性に関する調査

  4. 薬剤による急性肝障害

  5. CA猫

    飛行機でのCOVID-19感染リスクとマスクの効果

  6. カメを診療する獣医師

    セカンドオピニオン

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。