エッセンシャルオイルの香りが高齢者の記憶向上に有望

アロマ

エッセンシャルオイルの香りを睡眠中に利用することで、高齢者の認知機能低下に新たな可能性が浮上しています。このアプローチは、家庭内で簡便に実施できるため、高齢者の記憶力向上に有益な方法とされています。エッセンシャルオイルの香りは、神経心理学的評価や脳機能の解析を通じて、高齢者の記憶機能に関与する可能性が示唆されています。この研究で使われた具体的な香りの種類は不明です。このようなアプローチは、認知機能の改善に向けた有望な方法と見なされており、今後の研究に期待が寄せられています。楽しみです。

関連記事

  1. コロナウイルス

    多種多様な動物種への抗体検査法の開発

  2. コロナウイルス

    エタノールが新型コロナ不活化に効果;その対策を解説

  3. ハムスター

    SARS-CoV-2のハムスターからのヒト-ヒト感染

  4. アメリカにおける飲食店アクセスと肥満関連がん死亡率の関連性に…

  5. 細菌病

    肺炎球菌とエキゾチックペット、そして子どもたち

  6. 断食

    週3日の断食法は糖尿病リスクを低減し、実施しやすいアプローチ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。