やはり、遊びや社会的な活動は犬の脳機能の維持に役立つ!

ダックスフンド

犬の脳の健康を維持するためのカギは、運動と社会的な活動

中年の犬の脳機能研究で、運動や社会的活動が脳の健康に良い影響を与えることが示されました。6歳以上のビーグルを対象に、3年間のMRI検査で、加齢による前頭葉の萎縮と尾状核の安定、海馬の増加が観察されたとのこと。研究結果として、運動、遊び、他の犬との関わりが脳の血流と細胞成長に貢献することを示唆していると結論付けています。研究チームは、犬の寿命を延ばし、老化による健康問題を緩和するために、運動、遊び、他の犬との関わるなどの活動の重要性を強調しています。

関連記事

  1. 犬麻痺

    犬の認知機能不全について

  2. 犬診療

    眼が白くなってきた

  3. ネコ診療

    シニア、そしてスーパーシニア

  4. 診療統計

    関節サプリで有名なコンドロイチンが...

  5. 老犬診療

    高齢犬の認知症には

  6. 診療勉強会

    高齢猫のセミナーを聴講してきました

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。