シニア、そしてスーパーシニア

ネコ診療

11歳からがシニアとして、そして15歳からがスーパーシニアとして、健康診断をお勧めします。

シニアは半年ごと、スーパーシニアは季節ごと。

以前は、15歳以上を「老齢期」と呼んでいましたが、スーパーシニアの方が、ポジティブな感じでしょ?

スーパーシニアのネコちゃんたちが、できるだけ快適な生活ができるお手伝いをさせてください。

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのスーパーシニアキャットの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

関連記事

  1. 老犬診療

    高齢犬の認知症には

  2. 犬麻痺

    犬の認知機能不全について

  3. 診療統計

    関節サプリで有名なコンドロイチンが...

  4. 診療勉強会

    高齢猫のセミナーを聴講してきました

  5. ダックスフンド

    やはり、遊びや社会的な活動は犬の脳機能の維持に役立つ!

  6. 犬診療

    眼が白くなってきた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。