犬における下痢について

ダックスフンド

ワンちゃんの下痢についての原因と対処法

動物病院の受診理由の多いのがこの下痢と皮膚の痒みです。

今までも数日間で自然に回復することもあったので、動物病院に行くべきか迷いますよね。

ワンちゃんの下痢を見つけた時には、飼い主さまの観察力と対応力が重要です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下痢を見つけた時の観察・対応のポイント

  • 便の性状を観察: 頻度や量、便の色や臭い、排便の難しさなどをチェック。
  • 他の症状の有無: 嘔吐や食欲不振など、下痢以外の症状があるかどうかも確認。
  • 体重や活動性の変化: 体重減少・脱水、活力の低下がないかを注意深く見る。

下痢の主な原因

  • 食事の影響: 食べ慣れない食べ物や古くなったフードの摂取、食べ過ぎ、食物アレルギー、乳糖不耐症など。
  • 異物や毒物の誤食: 特に好奇心旺盛な子犬や、誤食の経験がある場合は注意が必要。
  • 膵炎: 急性・慢性の膵炎による下痢。特に急性膵炎は重症化する傾向があるので、迅速な診断と治療が必要。
  • 胃腸そのものの病気: 消化管の異常や炎症が原因となることがある。
  • アレルギー反応: 重症の場合は緊急治療が必要。

下痢の検査

  • 問診と身体検査: 下痢の原因を推測し、さらなる検査や治療の方向性を探る。
  • 糞便検査: 寄生虫や異常な細菌、消化状態をチェック。
  • 血液検査・X線検査・超音波エコー検査: 状況に応じて精密検査実施。
  • 内視鏡検査: 診断が難しい場合に、専門科診療が必要。

まとめ

下痢は一般的な症状でありながら、その原因はじつにさまざまです。お腹を休めることで自然に回復する場合もありますが、症状が長引く場合や他の症状がある場合は早めの受診が重要です。まずは、お気軽にご相談ください。

veterinary giving a final diagnosis of a dog health

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いの犬の飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

犬の病気のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

当院へのご連絡はこちらからが便利です

関連記事

  1. カメ

    爬虫類の検便手順について

  2. フェレット診療

    フェレットに多い病気について

  3. カメ診療

    スッポンモドキのSCUD

  4. 疑問相談受けつけ

    ワンちゃん猫ちゃんを飼う前に

  5. ウサギ

    ウサギの強制給餌について

  6. トカゲ診療

    低カルシウムにご用心

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。