犬の咳に注意!原因と対処法を救急診療経験が豊富な獣医師が解説

診察犬

犬は人と同じような咳をすることがあります。人と同じようにむせたり、風邪をひいたときなどに出るように、同じような原因があります。犬に特有の状態もあり、異常に続く場合は注意が必要です。この記事では、犬の咳が出る可能性のある病気を5つリストアップしてみました。

犬伏せ
  1. 気管虚脱:小型犬や短頭種によく見られ、気管がつぶれて咳が出る病気です。ガチョウの鳴くような声が特徴的です。重症化すると呼吸困難になることもあります。首輪をつけて、グイグイ引っ張るような散歩をしているとか、来客に吠えかかるなどの生活要因が悪化に影響を与えていると考えているので、病気だけではなく、生活習慣の見直しも一緒に考えていきましょう。
  2. 僧帽弁閉鎖不全症:チワワやトイプードルなどの高齢の小型犬に多く見られ、心臓の弁(血液の流れの逆流防止用ストッパー)の機能低下による病気です。食欲不振や咳が見られます。重症化したときに表れる肺水腫が、救急搬送、入院の大きな要因になります。それまでの主治医でのお薬の詳細や病気の経過が分かると、的確な対処ができますので、ぜひしっかり記録してきましょう。当院を主治医にしていただけば、カルテに必要な情報が記載されますので、その煩わしさからは解放されますので、転院をご検討してくださいね。
  3. ケンネルコフ:パラインフルエンザウイルスやボルデテラという細菌等による感染症ですが、ストレスや環境の変化がきっかけで起こるといっていいでしょう。乾いた咳が特徴です。下記の肺炎に進行することもあります。
  4. 肺炎:ウイルスや細菌、異物の誤飲などによって起こる肺の炎症で、人でもよく高齢者の死因になっていますので、侮れません。しっかりした、検査、治療が必要になります。
  5. 異物の誤飲:食べられないものを誤って飲み込むことで喉や食道に詰まり、咳の原因となることがあります。特に救急搬送されてくる患者さんで多いのが、歯磨きガムやリンゴなどの硬めの食べ物です。麻酔をかけることが多いので、費用がかかる事故ですが、逆にこのことを知っていれば防ぐこともできるといえます。事故や中毒の原因を知っておくことは、知識のワクチンと言えますね。
犬診療

これらの病気の原因を見極めるには聴診などの身体検査の他にX線検査や超音波検査が必要です。気になる様子があれば、早めに獣医師に相談することが重要です。

__________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのワンちゃんの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

犬の咳についての診療は、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市東山町の動物病院

アロハオハナ動物病院 

関連記事

  1. ウサギ

    ウサギの強制給餌について

  2. 救急診療

    てんかん発作に概日リズムが関係あり?

  3. 妊婦感染症

    寄生虫 トキソプラズマ

  4. チンチラ診療

    チンチラの不正咬合、根尖膿瘍

  5. 犬と獣医師

    命の盾としての狂犬病予防接種:飼い主の責任と犬の安全確保

  6. 風邪ネコ

    猫のカゼ:症状の観察と適切なケアのポイント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。