犬の認知機能不全について

犬麻痺

今は言わなくなりましたが、いわゆるボケ、痴呆のことです。なかでも飼い主さまのイチバンの悩みの症状は夜鳴きでしょう。対症療法しか知られていませんが、脳の酸化防止、栄養補給が治療の骨子です。場合により、うつ病治療薬が効果を現すこともあります。早めに開始し、とにかく続けていくことが大切です。

こちらのサイトでセルフチェックをしてみましょう。

このようなことをお話しするために、シニアクラスを開催できればと思っているのですが、なかなか実現できません。

____________________

愛知のヘソ豊田市周辺の岡崎市、日進市、安城・刈谷市にお住いのシニアドッグの飼い主さまへ

当院の獣医師はエキゾチックペット、猫、小型犬などの広範な動物種に対する専門的な知識と豊富な経験を有しております。どんなペットにも信頼できるケアを提供いたします。
つまり、あらゆるペットに対応する総合的な診療を行なうことができます。
どんなお悩みもお気軽にご相談ください。多岐にわたるペットの医療に精通した獣医師が、どのペットにも最適な治療を提供いたします。

当院へのご連絡はこちらからが便利です

かもがわ公園小動物クリニックは愛知県豊田市役所高橋出張所前のかもがわ公園の近くにございます。

認知症のことなら、かもがわ公園小動物クリニック

愛知県豊田市の動物病院

アロハオハナ動物病院

関連記事

  1. ネコ診療

    シニア、そしてスーパーシニア

  2. ダックスフンド

    やはり、遊びや社会的な活動は犬の脳機能の維持に役立つ!

  3. 診療勉強会

    高齢猫のセミナーを聴講してきました

  4. 老犬診療

    高齢犬の認知症には

  5. 猫診療

    シニアクリニック

  6. 犬診療

    眼が白くなってきた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。