対象動物

齧歯類・ウサギ

シマリス、タイリクモモンガ、
アメリカモモンガ、アフリカヤマネ、
プレーリードッグ、リチャードソンジリス、
ゴールデンハムスター、
ジャンガリアンハムスター、
キャンベルハムスター、
ロボロフスキーハムスター、
チャイニーズハムスター、
マウス、ラット、
スナネズミ(ジャービル)、
デグー、モルモット、チンチラ、
マーラ、

ネザーランドドワーフ、ホーランドロップ、
ミニうさぎ(ミックス、雑種)、
ロップイヤー、ミニレッキス、
ドワーフロップ など

【ハムスターの病気について】
外傷、腫瘍、結膜炎、
前歯の不正咬合が多いです。
外見上、発見しやすいのですが、
日頃の観察力に負うところが
大きいといえます。
トイレ砂の誤飲や
寄生虫症は比較的多いです。
飼育開始時の健診が大切です。

【齧歯類の病気について】
眼球突出、頬袋脱、直腸脱など、
「出る」病気が多いです。

【不正咬合について】
ウサギ、齧歯類ではとても多いです。
外から見える前歯(切歯)が
咬み合っていない時は、
奥歯(臼歯)も怪しいです。
全身麻酔をかける理由のうち
最も多い病気で、
繰り返し実施しますので、
リスク、費用が大きな問題になります。

【ウサギ・齧歯類の手術について】
草食動物は、
術後の癒着のリスクを考えると、
極力、開腹手術は避けたいです。
しかし、避妊・去勢手術、
子宮腫瘍、膀胱結石などについては、
手術が必要です。